クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。


URL:http://www.at-residence.co.jp/area/minatoku/roppongi/
六本木 賃貸マンション


クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2020-11-24

小さい頃、
おれはよく怪我をしていたらしい。

自分では記憶に無いが、
ブロックの壁に向かって笑いながら突っ込んで行ったり、
自転車の車輪に足を突っ込んで怪我したり…

いつもお姉さんや兄と遊んでいたのだが、
怪我をするたびに
長女であるお姉さんが母親に怒られていたらしい。

だいたいそう言う話が始まると、
息子の頃のビデオの話になる。

ビデオには、
小さかった頃のおれたちが、
楽しそうに遊んでいる姿が映っている。
それを楽しそうに撮り続ける母親。

ブランコから落ちた息子…
それを楽しそうに撮り続ける母親。
滑り台から落ちた息子…
それを楽しそうに撮り続ける母親。

どんなに泣き叫んでも、
誰も駆け寄ってくることは無く、
息子の泣き声とともに母親の笑い声が…

見るたびに
「普通、親は子供がブランコから落ちて泣き叫んだら
走って抱きかかえに行くんじゃないの?」と、
母親に問いかける。

すると母親は、
「ちゃんと自分の力で立ち上がってほしいから助けに行かなかったのよ。
それに、あの姿を見ているのが楽しかった!」
と笑いながら言った。

こんな母親に育てられたせいなのか
残念なほどにその気持ちがすごくわかってしまう…

おかげでそんな話も笑って話せるように育ったし、
精神的にも丈夫に育った気がする。

今では
全然見なくなったビデオは
ホコリをかぶっていてまともに映るかどうか分からないが、
おれはたまに見たくなるときがある。

時々でいいから、
こんな話を笑って話し続けることができたらいいなって思う。

その度になんだかホッとするから…
その度にこの両親の息子でよかったなって思えるから…

笑い声の絶えないこの家族がおれは大好き!
父と母親に心から感謝!!